いろはの野菜

04_アートボード 1.png
05_アートボード 1.png
栄養学_アートボード 1.png
03_アートボード 1.png

トマト ナス科トマト属

・原産地 アンデス高地

16世紀にヨーロッパに渡ってから世界中に広まった。

トマトの赤い色はリコピンによるもの。一般的に赤い色のほうがリコピンが多く含まれているので、カロテンより強力な抗酸化作用がある。

・旬 春~夏 (日照時間と生育日数で左右される。)

夏のトマト 早く生長し、大きめで水分が多い。味はあっさりしている。

春のトマト ゆっくり生長するので小ぶり。その分、味の凝縮感が高い。

・主な産地 熊本、千葉、茨城(周年)北海道(4月~11月)愛知(10月~4月)

・主な栄養成分 カロテン ビタミンB6 ビタミンC カリウム

​キャロライナリーパー

茄子

サツマイモ

ホウレン草

大根

ニンニク

いちご

きゅうり

じゃがいも

とうもろこし

ネギ

里芋

唐辛子

人参

カブ

© いろは